タイムアタック選手権2018 タイムアタック選手権2018
 7月に実施いたしました「Pキューブタイムアタック選手権2018」全国のアルゴクラブ会員の
みなさんから送られたタイムを集計し、ここに「世界最速」のPキューブ達人が決定いたします。
 それでは、発表いたします!   ※なお優勝者には認定書と記念品を贈呈いたします。
立方体競争
高野 千紘 (進学館AC)
2.70  秒
矢島 渉太郎 (能力開発センター金沢本校AC)
2.82  秒
青木 孝憲 (第一ゼミパシードなかもず校AC)
3.08  秒
降矢 結 (英才アカデミー甲府教室AC)
3.78  秒
コーチの部
板本 新平 コーチ
2.65  秒
目隠し立方体競争
白井 結斗 (心水塾AC)
6.31  秒
柏井 泰聖 (心水塾AC)
8.66  秒
上村 唯嘉 (能力開発センター加古川本校AC)
9.19  秒
上村 悠真 (能力開発センター加古川本校AC)
9.31  秒
コーチの部
板本 新平 コーチ
14.65  秒
上位入賞者の記録
上位入賞者の記録
 昨年の第1回選手権に引き続き、立方体競争のタイムは驚愕の記録が出ました。
 新レコードは板本新平コーチの2.65秒。これは全大会の記録を約1秒も更新したことに
なります。(会員部門の1位は2.70秒。コンマ.05秒の僅差でした)
また、今回が初の選手権競技「目隠し立方体競争」においては、10秒を切る記録が続出し、
予想を大きく上回る皆さんのタイムに、驚かされました。手の感覚だけでピースのかたちを
把握し、瞬時にそれを立方体に組み込んでしまう、そのイメージ力、感覚の鋭さは見事
としか言いようがありません。是非、記録動画も観てみてもらえたらと思います。
 最後に、Pキューブタイムアタック選手権2018に挑戦された皆さんの勇気に心から敬意
を表するとともに、お礼を伝えたいと思います。ありがとうございました。
 また来年をお楽しみに。
ページTOP